ピックアップ記事
RONOVELL
スポンサーリンク

カワノ
ラウドロックなヴィジュアル系バンドロノウェルを紹介したいと思います。

RONOVELLのメンバー紹介と概要

ボーカル・・・ SiU 綺麗な声の持ち主でありながら、意外な程デスボイスも出すことのできる人です。その声の振れ幅に驚く人も少なくないと思います。作詞や作曲も担当されているようです。PVで確認できますが、両腕のタトゥは本物です。

ギター・・・MeA ESP製の変形ギターを使用されています。(高崎晃氏の使用ギターランダムスターに似ているような気がします。)スウィープやタッピング等の高度なテクニックを多用するギターリストです。

ギター・・・LoN 2019年に加入された新メンバーです。緑の髪が特徴的です。

ドラム・・・MaT パワフルなドラマーです。小技を効かすタイプというよりかはシンプルかつド派手なフレーズを得意とされているようです。Kornのドラマーを意識したセッティングは迫力があります。

※ベース・・・赤い髪の人 活動初期には、ベーシストが在籍していました。彼の使っていたベースはラルクのテツヤモデルで赤色のベースでした。

2017年秋頃にノリと勢いとテンションとフィーリングによって結成されました。

https://elicity.jp/archives/normal_single/ronovell

Twitterもメンバー皆さんされています。

音楽性・ジャンル

ヴィジュアル系のカテゴリーの中でも割と王道、コテコテな感じだと思います。メイクからも感じ取れます。サウンドは生の楽器だけでなく、サンプリングされた音もバックで流れていて今風な感じです。

メタル、ミクスチャー、スクリーモ等メンバーは様々な音楽を吸収されているようです。

スポンサーリンク

代表曲

Re:Start

イントロはものすごくヘビーでサビになると一転してメロウな感じになる曲調は、SiU氏のボーカルを考えて作曲されたのではないかと考えられます。

Judgment

「Re:Start」と曲の構成は似ているような気がします。(フルではないのであくまで曲の途中まで聴いた感想です。)ギターソロのサウンドがかっこいいです。

おすすめのCD

私がおすすめするのは、セカンドシングル「Judgement」です。

サウンドもボーカルも前作と比較して明らかにクオリティが上がっていると思いました。特にボーカルの声は声量が向上してより力強くなられたのではないでしょうか。

筆者の感想

コテコテなヴィジュアル系が好きな方にはハマると思います。また、メンバーそれぞれが面白い方なので、是非YouTubeも見て下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう