ピックアップ記事
【概要】Google検索広告について解説
スポンサーリンク

WEB広告の中でも、最もポピュラーである検索連動型広告

今日は、Google検索広告について解説します。

Google検索広告とは?

Google検索広告とは、Googleで検索した際に検索結果の上部に表示される広告のことです。ユーザーが検索もの・ことに合わせて表示される大変優れた仕様になっているのです。

商品やサービスを検索しているユーザーにアプローチすることができる為、一般的に費用対効果が高くWEB広告黎明期から今日まで使用されてきた広告です。

上記が検索連動広告です。(googleで「google広告」と検索した検索結果画面です。)

カワノ
実はこれは広告だったのです。
私も、広告と知るまでは自分の検索検索結果に一番ヒットした情報かと思っていました。

リスティング広告と検索連動型広告の違い

検索連動型広告のことをリスティング広告と呼ばれる方もいらっしゃいますが、リスティング広告は検索連動型広告とディスプレイ広告を合わせたものの総称です。

Google検索広告の掲載場所と見分け方

上記で説明したように検索結果の上部には広告が表示され、その下に検索結果が表示されるのです。一番の見分け方は小さく「広告」と表示されるのです。

カワノ
見分け方を説明します。

上が検索広告で下が自然検索結果です。検索広告には、太い黒文字で「広告」と表示されています。

Google検索広告

  • 表示位置・・・検索結果の上部と下部
  • 表示の仕組み・・・広告主が指定したキーワードと設定に基づき、ユーザーが検索した内容と関連性が高い広告が表示されます。
  • 掲載順位・・・広告の検索順位は、クリック単価(CPC)と関連性に基づいて決定されます。

検索結果(自然検索)

  • 表示場所・・・検索結果はページの中央に表示されます。
  • 表示の仕組み・・・ページのテキストやページのリンク等の情報に基づいて、ユーザーの検索内容と関連性の高いサイトを表示します。
  • 掲載順位・・・検索結果は、検索キーワードと関連性が高いことや人気度が高いこと等によって順位が決定します。
カワノ
検索結果を上位に高めることを検索結果最適化と言い、一般的にSEO対策と呼ばれます。

スポンサーリンク

Google検索広告の仕組み

Google検索は広告主が特定のキーワードとキャンペーン設定を行い出稿する広告であり、ユーザーが検索したキーワードの関連性が高いものが表示されます。

なお、ユーザーが検索したキーワードに完全一致した場合に表示させることや類似したキーワードを検索した際に表示させることも可能です。

さらに、Google検索広告では除外キーワードというものも設定可能です。

除外キーワードを設定すると、ユーザーが検索した場合においてその他の条件が合致していても、除外キーワードが含まれていれば広告を表示させないという設定です。

カワノ
これにより、利益にならないユーザーを排除することができます。

Google検索広告の課金方式

検索広告の課金方式は、クリック型課金であり、WEB広告において一般的な課金方式と言えます。広告がクリックされた回数に応じて課金額が決定されるので、表示回数をもとにした課金方式の広告よりも広告費をコントロールしやすいと言えます。

しかし、キーワードによって価格が大きいものがあり(一般的にビッグキーワードと呼ばれます)1クリック数百円、数千円のものがあり、広告予算がかけられない場合は、このようなビッグキーワードを避けるのがベターです。

広告の入札単価に上限をかけることも可能であり、予算が厳格に決まっている場合は、上限額を設定するようにしましょう。

Google検索広告のメリット・デメリット

テレビやラジオを代表とするマス広告と比較してWEB広告である検索連動型広告はユニークな特徴を持っています。

メリット

検索意図に合った広告を表示することができる

Google広告では、広告主が広告を表示するキーワードを設定することが可能であり、広告配信が行われるのは広告主が設定したキーワードを実際に検索したユーザーになります。

その為、広告を配信するユーザーを選択することが不可能であるマス広告と比較して、コンバージョンに至る確率が高いと言えます。

自然検索より手軽に検索結果1ページ目に表示させることができる

検索広告は後述する広告オークションにて高い広告ランクとGoogleに判断されれば、設定後約3時間程度で反映されます。

それに対して、自然検索(SEO)で検索結果上位を目指そうとすると、数ヶ月又は、年単位で時間がかかることも珍しくありません。そうすると最悪、世間のトレンドが変化し、労力が無駄に終わることがあります。

低リスクで出稿することができる

検索広告では、CPC(クリック課金)方式で出稿することができます。その為、あくまでも広告がクリックされた時にのみ広告費用が発生し、広告が表示されただけでは、費用は発生しません。このことから、低リスクで広告配信が可能と言えます。

その為、極端なことを言ってしまえば、1円からでも広告を出稿することが可能です。

カワノ
実際のところ、あまりに低すぎる広告単価では、広告が表示されることは不可能です。

1月の広告費用の相場としては、20万円から50万円程度の費用が必要な実情があります。

しかし、ニッチなキーワードであれば、競合する相手が少ない為、数万円程度で成果を出すことが可能です。

デメリット

広告費用がかかる

Google検索広告は有料広告の一種である為、広告費用がかかってしまいます。出稿している限り広告費用は発生し続けるので、広告費用を多くかけることができない企業は、より一層戦略を練る必要があるのです。

カワノ
私が在籍していた会社でも広告費用が月に5万円から10万円程度しかかけることができませんでした。

その為、品質の向上及び維持にはできる限り気を配っていました。

専門的知識が必要になる

世の中に広告代理店やWEBマーケティングの会社が多数存在することから分かるように、広告配信を適切に行うには、専門的知識が必要になっています。広告配信の設定やデータの解析等、広告を適切に配信していくには、知識と経験が必要になってくるのです。

画像や動画を使うことができない

検索広告は、基本的にテキスト形式である為、ディスプレイ広告や動画広告、SNS広告と違い画像や動画を利用することができません。

カワノ
ユーザーの視覚に訴求することができないのは、今の時代かなり不利なことかもしれません。

従って、食品やファッションなど、一般的に「映える」ものとの相性は良いとは言えません。例えば、このような「映える」ものはInstagram広告との相性が良いです。

Google検索広告の強み

日本でポピュラーな検索広告はGoogle検索広告とYahoo!検索広告の2種類です。この2つの基本的システムは共通であり、表示位置や表示スタイルといった大まかな機能も酷似しています。

しかし、細かな部分やユーザー層等に違いがあるのです。

Google検索広告の強みは以下の通りです。

20代〜30代の若い世代にアプローチしやすい

Googleを使用しているユーザーはYahoo!と比較して、若い世代が多いです。その為、必然的に若い世代へのアプローチがしやすいです。

広告表示オプションが豊富

Yahoo!広告と比較して広告表示オプションが豊富です。広告表示オプションを設定することでユーザーが広告に目をとめる可能性が高くなり、クリック率の向上が期待できます。

以下にGoogle広告の代表的な広告表示オプションを挙げます。

  • 住所、通話ボタン、会社情報ページ
  • 取り扱い商品の価格、商品の補足説明
  • アプリストアへのリンク
  • 入力フォーム

Google検索広告出稿の流れ

広告主が検索広告を配信するにあたって、キャンペーンの作成→広告グループの作成→広告の作成の手順があります。

キャンペーンの作成

Google検索広告を配信するにあたってまず、キャンペーンを作成する必要があります。キャンセーン設定には、広告を配信するターゲット地域や予算、広告配信対象のデバイス、配信スケジュール(曜日や時間帯)等があります。

カワノ
「こんなにも細かくターゲティングすることができるのか」と初めて知った時、驚きました。

この設定がしっかりしているだけで、広告費の抑制が可能な為、しっかりと設定しPDCAを回していくことが重要です。

広告グループの作成

広告グループとは、キャンペーンの下に来る階層であり、キーワード、広告文、リンク先のURLの3つの要素から構成されます。

カワノ
簡単に説明すると、キーワードと広告文を割り当てる工程と言えます。

類似性のあるキーワードと広告をまとめていくことが基本となります。

年齢等のオーディエンス設定は、このグループ設定の部分で行います。

広告の作成

キャンペーン、広告グループの作成が完了後、ようやく広告の作成を行なっていきます。

見出しは全角15文字以内(半角であれば30文字)、説明文は全角45文字以内(半角90文字以内)となっています。

ちなみにこの文字数は長ければ長いほど良いというものではありません。

キーワード選定・設定は、検索広告の中で最も重要なものです。市場調査や競合調査を行い、またキーワード選定ツール(Googleキーワードプランナーやラッコキーワード等)を使用して慎重に設定、改善を行い広告ランクを高くすることを意識しましょう。

検索広告を上位表示させる為のコツ

先程、説明した通り、ユーザーが検索した内容によって関連する広告が表示されるのです。それではその検索順位がどのように決定されているのかについて説明していきたいと思います。

簡潔に申し上げますと、検索結果の掲載順位は広告オークションによって決定されます。このオークションで高評価をGoogleから得た広告が上位に表示されるのです。

広告オークションで評価される要素

検索広告で掲載順位を決定する評価の指標となるものを広告ランクと呼び、このランクのの高い広告が上位に表示されるのです。

広告ランクについてGoogleは以下のように述べています。

広告ランクは入札単価、オークション時の広告の品質(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性など)、広告ランクの下限値、オークションにおける競争力、ユーザーが検索に至った背景(ユーザーの所在地、デバイス、検索時間、検索語句の性質、ページに表示されるその他の広告と検索結果、その他のユーザー シグナルと属性)、および広告表示オプションなどの広告フォーマットの見込み効果を使って算出します。

Google広告ヘルプ

広告オークションはユーザーが検索行為を行うたびに実施され、その度にオークションが実施され広告ランクが算出され掲載順位が決定するのです。

広告運用社が改善活動を行いやすいのは、以下の2つの指標となります。

  • 入札単価
  • 広告品質のスコア

入札単価は正直なところ高ければ高い方が有利です。

広告の品質スコアはGoogle 広告の管理画面で確認することが可能であり、広告運用者によって改善することが可能です。

広告掲載順位を上位にする方法

入札単価については前述した通り、お金をかければかけるほど有利です。その為、どうしても資金力を持っている大企業が有利となり、企業次第という結論に至ってしまいます。その為、品質スコアにフォーカスして解説したいと思います。

広告の関連性

広告の関連性を向上させるためには、キーワードと広告文の親和性を高めることが重要です。

広告主が設定したキーワードを広告文にも含めることが重要であり、これによって広告の親和性が上昇します。しかしながら、複数のキーワードがに対してそれら全てを網羅した広告文を作成することは限界がある為、あくまでも可能な範囲で設定することが大切です。また、適切な広告グループ設定が重要になってきます。

推定クリック率

読んで字の如く、広告がクリックされる確率の推定値のことです。

推定クリック率を高めるには、ユーザーに有益な広告を配信することが重要です。

ユーザーが検索したキーワードに対して、適切な広告であると判断されることは重要であり、Googleからも評価を受けることができます。

以下に具体的な対策を列挙します。

  • 獲得実績の高い検索語句をキーワードとして登録する
  • 登録キーワードや広告・狙っているユーザーと関連性が薄い検索語句を除外する

ランディンページの最適化

ランディングページが「ユーザーにとって利用しやすいページになっているか」についても重要な判断材料になるのです。

具体的には、以下の事柄が挙げられます。

  • ランディングページがユーザーが求める有益なコンテンツになっているか
  • ページ読み込みスピードは早いか
  • レスポンシブ対応しているか(スマホ対応)
  • ビジネスの透明性が高いか

Twitterでフォローしよう