ピックアップ記事
moumoon
スポンサーリンク

YUKA(Vo./Lyrics)とMASAKI(Composer)によるユニット。

moumoonとは、フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語『moon(月)』をかけあわせて作った、”やわらかい月”という意味の造語。

2人は真夏のロックフェスで出会い、その数週間後にYUKAはMASAKIの作ったデモ音源を聴き、その世界に引き込まれる。

また、MASAKIもYUKAの歌声に魅力を感じ、共に音楽制作を開始。2005年にmoumoonを結成した。

moumoonオフィシャルウェブサイト https://www.moumoon.com/

カワノ
今更感が強いですが、大好きなアーティストの1つなので紹介します。

moumoonとは?

YUKA・・・彼女の母はピアノの先生で幼少期からクラシックにふれられていたそうです。中学の文化祭の夜祭でバンドをやることになったのがきっかけでポップな曲を歌いたくなったとのことです。慶應大学文学部卒業、アメリカでの留学経験もあって英語が非常に堪能です。学生時代には、チアリーディングもやられていたそうです。オアシス、アラニス・モリセット、ミシェル・ブランチ等の洋楽アーティストに影響を受けたそうです。2016年1月1日に一般男性と結婚されました。

MASAKI・・・彼の母もピアノの先生で、幼い頃からピアノの良く聴いていたそうです。ただ、自分では引かなかったとのことです。中学生の頃、周囲の影響によってギターを始められて毎日弾いていたそうです。PERSONZ、MR.BIG、ボン・ジョヴィに影響を受けられたそうです。青山学院大学知工学部卒業で彼もアメリカでの留学経験があるとのことです。

カワノ
2人ともハイスペックです。

YUKAさんが家から近いボーカルスクールでオーディションを受け、そこからの繋がりでMASAKIさんと出会ったそうです。

おすすめの曲

moonlight

曲も良い、歌も良い、PVも良い、名曲だと思います。

私が高校生の頃、今は無きPC版アメーバピグで知りました。アメーバピグ内でDJブースがありました。そこでこの曲を流している人がいて、速攻でYouTubeに飛んで聴き続けました。個人的にはmoumoonで1番の曲です。

Chu Chu

非常にキャッチーでポップな曲です。CMで当時よく流れていたので耳にしたことがある人も多いと思います。私はアコースティックバージョンが好きなのでこちらにしました。

15 Doors

上で紹介した曲よりウィスパーボイス気味でところどころ口笛っぽい音が流れていて、ヒーリングミュージック要素がある曲だと思います。PVの雰囲気も良いです。

おすすめのCD

私がおすすめするCDは、ベストアルバム「moumoon BEST -FULLMOON-」です。

moumoon唯一のベストアルバムであり、収録曲が32曲とこれで間違い無いでしょう。

私がおすすめした「15 Doors」は収録されていませんが、同等の主要曲・良曲が収録されていますので問題は無いと思います。※「15 Doors」は、DVD版には映像収録されています。

当アルバムは、メジャーデビュー10周年を記念して作成されたアルバムで、この作品を発表するにあたり「夕轟」(新曲)も含まれています。

筆者コメント

私は2010年代初頭あたりの曲が好きで当時よく聴いていました。moumoonの曲を聴くとその頃のことを思い出します。

2020年も変わらずライブ活動されるので、好きになった方は是非、直接見に行ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事