ピックアップ記事
クソゲーハンターからすまAチャンネル
スポンサーリンク

こんにちはカワノです。

今回はクソゲーばかりをプレイするゲーム実況者「からすまAチャンネル」を紹介します。

ゲーマーの方なら過去に一度はクソゲーに出会ったことがあるかと思います。

カワノ
クソゲーは、お金・時間・メンタルと多くのものを奪い完全な悪だと思っています。

そんなクソゲーに対し果敢に挑むこのチャンネルはゲーマーの方は必見です。

概要

プロフィール

名前・・・本名不明 自分のことはクソ実況者と自称されています。

チャンネル名・・・からすまAチャンネル 過去はデデドアン

生年月日・・・不明 20代〜30代と思われる。

からすまの名前は「仮面ライダー剣(ブレイド)」の烏丸所長が由来です。

専業YouTuberではなく、会社員と兼業されている様です。雑談配信も定期的に行われており、その時に明らかにされました。過去にはブラック企業に勤務されていました。休日全てを費やして動画投稿されているそうです。

学生時代は図画工作、美術の成績が5だったそうです。

過去はニコニコ動画で活動されていましたが、YouTubeに移行されました。

初期の頃はガンダムVSシリーズ等のガンダムゲームの動画中心の投稿でしたが、いつしかクソゲー中心の投稿になっていきました。

チャンネルの特徴

挑戦するクソゲーの原作をチェックしてから挑みます。ゲーマーだけでなく、プレイする作品のファンからも評価されています。

基本的にプレイするクソゲーは最終クリアまで行いエンディング画面を視聴者に届けます。

カワノ
ゲームセンターCXと同じ方式です。

クソゲー実況をライブで配信した後にまとめ動画を作るスタイルです。忙しい方はまとめ動画だけ視聴するのも良いと思います。まとめ動画は本当に良くできてます。

スポンサーリンク

おすすめ動画

全てが終わってるパーフェクトクソゲー【アンシャントロマン】

評価点が一切ない「アンシャントロマン」の動画です。からすまさん本人も大好きなクソゲーで他の動画でも度々素材として使用されます。からすまさんが実況した後、当ゲームに注目が集まりオークション、フリマにおして販売価格が高騰する事態となりました。

からすまさんの実況動画を視聴するにあたって主軸となるゲームですので最初にこの動画を視聴されることを推奨します。

からすまさんの動画を見るとプレイしたくなりますが個人的にはおすすめできません。BGMがクソすぎて本当に辛いと思います。

【クソすぎてプレイヤーの頭がパッパパラリラ】ちびまる子が違法賭博するゲーム【ちびまる子ちゃんのおこづかい大作戦】

からすまさんが過去プレイしたクソゲーの中で一番のクソゲーと評する作品です。ちびまる子ちゃんにそぐわない作風、理不尽なまるおとお母さん、セーブなし、当時クリアした子供はまずいないでしょう。多くのクソゲーで鍛えられてきた強靭な精神を持つからすまさんでもストレスがピークになり配信では台パン・激昂されていました。

カワノ
実際にプレイしたことありませんが、本当に鬼畜ゲーだと思います。
私はプレイしたくありません。

プレイヤーの精神を破壊!歌で戦うクソゲーRPG 【黄昏のオード】

「アンシャントロマン」と並びPS1を代表するクソゲーです。

時代を先取りしたシンフォニックロールプレイングゲーム?、まさかのドット絵、攻撃の命中率、この作品も上記の作品と同様なかなかのクソゲーです。YouTube上にある黄昏のオード実況はほとんど最終クリアまでされておらず精神的にやられるゲームです。当時からすまさん自身がプレイした中のクソゲーの中で歴代2位のクソゲーと評されていました。(ちびまる子の登場によって現在は歴代3位)

小学生の財布を破壊したパーフェクトクソゲー【メジャーパーフェクトクローザー】【クソゲーオブザイヤー2008】

数々のクソゲーを生み出してきたタ●ラト●ーの作品で、その年のクソゲーを決める祭典で大賞作品に輝きます。2008年はメジャーを題材としたゲームがこの作品を合わせ3作品リリースされていますが、どれもクソゲーに選出されており、その年最後に発表されたこの作品がなんと大賞を受賞しました。

プログラマー3人によって制作されており進行不能のバグやもはや野球ゲームとは言えないクオリティ等、隙がありません。本当になぜこの品質で販売したのか不思議です。

サムネ画像の通り、吾郎の首がおかしくなります!

幼児用アーケードゲームがまさかのクソゲー!?おっさんが一人でプレイして来ました【ピコピコアンパンマンごう】

からすまさんはアーケードのクソゲーも実況されます。平日に成人男性がアンパンマン号の形をした幼児用のゲームをプレイされました。動画で語られている通り、冷ややかな視線を浴びたとのことです。この様に体を張ってクソゲーをプレイすることも人気の要因の一つだと思います。

筆者の感想

まとめ動画の解説にセンスを感じます。さすが、図画工作、美術の成績が5というだけのことはあると思います。(上から目線ですみません。)

クソゲーは自分でプレイすると身を滅ぼしかねないと思いますので、是非からすまさんの動画を見て貴重なクソゲー体験を楽しみましょう。

また、以下のゲーム実況者もおすすめなので是非視聴してみて下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう