ピックアップ記事
Hello Sleepwalkers
スポンサーリンク

男女ツインボーカル、トリプルギター。音楽への無尽蔵の探究心を秘めた5ピースバンド。2014年、Sg「午夜の待ち合わせ」がスマッシュヒット。2016年にはColin Brittainとの共同プロデュースによる、一年半ぶりの新作“Planless Perfection”を発表。同アルバムのリリースツアーのファイナルとして、赤坂BLITZでの公演を成功させた。そして、2017年 Mini Album “シンセカイ” をリリース。

公式サイトプロフィール 

メンバー紹介&経歴

シュンタロウ・・・ギター&ボーカル 中学1年生の頃に姉からベースを5千円で売付けられたのがきっかけで音楽を始めました。最初は、Hi-STANDARDの曲ばかり弾いていたそうです。作詞作曲も主に彼が担当しています。

ナルミ・・・ギター&ボーカル 中学生のときに知った椎名林檎に衝撃を受け、ギターを始められたそうです。高校卒業時にシュンタロウから誘いを受けバンドに加入しました。自身でアクセサリーブランドも立ち上げられています。

タソコ・・・ギター&コーラス シュンタロウと大学のゼミが同じで、猛烈に加入のアプローチをしてメンバー入りしました。ギターとしてはテクニカルなパートを担当しています。

マコト・・・ベース シュンタロウと同じ高校出身で彼と一緒にバンドを立ち上げた1人でもあります。曲中のセリフ部分は彼が担当しています。

ユウキ・・・ドラム 2歳からドラムをプレイしているエリートドラマーです。ナルミとは地元が同じという知り合いで「ドラムがすごい上手い人」と認知されていました。

シュンタロウとマコトを中心に2008年、沖縄で結成されました。自分達の曲が現実感を唄っている曲、夢のなかにずっといるような曲の2面性がある点からこのバンド名になりました。結成後は地元沖縄のライブハウスを中心に活動して、2010年11月に前のバンド名「どんぐりバスター」名義で参加したヤマハ主催の音楽コンテストThe 4th Music Revolution」で九州代表に選出されました。2011年10月、タワーレコード限定シングル『センチメンタル症候群』をリリースしました。2012年1月、ファーストアルバム「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」でメジャーデビューを果たしました。2014年にシングル午夜の待ち合わせをリリースし、同作がテレビアニメ「ノラガミ」のオープニングテーマに起用されました。2018年11月から、準備期間としてライブ活動を休止中です。

音楽性

Hello Sleepwalkersの特徴は、トリプルギターと男女のツインボーカル、トリッキーな曲調の3つの点です。トリプルギターはバンド全体の音の厚みは増しますが、役割分担がやや複雑になります。しかし、彼らは上手く調整し、なおかつ独特なその曲調を生み出すプラスの働きに効果させていると思います。

男性ボーカルのやや中性的な声に力強い女性ボーカルの組み合わせは、日本において他のアーティストと被らない点だと思います。

カワノ
初めて聴いた時は新鮮でした。

おすすめの曲

「月面歩行」

曲のイントロからずっと静かな感じが続きますが、サビに入ると一気に盛り上がって彼らの特性が出ている良い曲だと思います。曲の構成も良いと思います。

「猿は木から何処へ落ちる」

ギターのリフがかなり緻密に作られていると思います。歌詞も詩的で注目ポイントです。

「神話崩壊」

どこかサイケな感じも匂わせつつ、2010年代流行りの洗練された仕上がりになっている曲だと思います。終始ギターソロ弾いている感じです。

おすすめのCD

私がおすすめするのは、ファーストアルバム「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」です。

2014年辺りから外国人のプロデューサーがついてファンの一部から前の方が個性が出て良かったと言われることもあり、このアルバムを選びました。私もそう思います。

筆者の感想

彼らと類似のアーティストは日本には存在しないと思うのでライブ活動再開後、興味を持った方はライブを見に行くことを推奨します。また、バンドをやっている若い学生さんにもおすすめです。その個性と演奏能力は良い刺激を受けることができると思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事