ピックアップ記事
ずっと真夜中でいいのに。
スポンサーリンク

近年大きなライブフェスにも出演しながら、未だに謎に包まれたアーティスト「すっと真夜中でいいのに。」(以下:ずとまよ)を紹介したいと思います。

ずっと真夜中でいいのに。とは?

ユニットなのか、バンドなのか明かされていません。

メンバーの本名、顔、年齢等のプロフィール情報が全て非公開です。

2018年6月4日に、YouTubeへ「秒針を噛む」のミュージックビデオが公開されて、いきなりバズりました。

2019年には、フジロックやカウントダウンジャパンにも出演しました。

カワノ
駆け上がりスピードが異常です。

ボーカルは、ACAね(あかね)さん・・・一切データがありません。

おすすめの曲

眩しいDNAだけ

想像できない様な曲の展開で、最初に聴いた時に衝撃を受けました。最初は不穏な感じで、突然サビに入る部分です。多くの楽器を使っていて音圧がありながらも、メロディーは繊細であり、最高のボーカル、ずとまよの特徴がこの曲で分かると思います。

秒針を噛む

この曲がデビュー曲です。最初からこのクオリティーです。綺麗なピアノが流れながら、ベースがばちばちしてて、他のアーティストの曲とは明確に差別化されていて、これは有名になるなと思いました。私もこの曲で、ずとまよを知りました。

勘冴えて悔しいわ

なぜミュージックビデオが作られていないのか謎です。そのぐらい良い曲だと思います。イントロからずっと怒涛に攻めてる感じが好きです。ずとまよはアップテンポな曲の方が圧倒的に良いと思います。

おすすめのCD

私がおすすめするのは、ファーストフルアルバム「潜潜話」です。

ずとまよ自体が活動開始して間も無いアーティストなので、フルアルバムがこれしか発表されていません。

私がおすすめした曲全てが収録されています。現状この作品で間違いないです。

筆者の感想

ずとまよは1曲1曲慎重に作っていると思います。若くて駆け出しのアーティストは、ライブやツアーの為に売れた直後は、沢山曲を作りますが、ずとまよはその様なことはしませんでした。全ての曲が、シングルCDカットできる程だと思います。

2019年は、一気に有名アーティストの仲間入りを果たしたと言えますので、今後の活動にも注目です。

カワノ
どんな顔なのかやっぱり気になります。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事