ピックアップ記事
逆張り系の元祖 遠藤チャンネルの現在は?
スポンサーリンク

遠藤チャンネル概要

プロフィール

YouTubeチャンネル名・・・遠藤チャンネル

本名・・・遠藤 大平

身長・・・171cm

出身地・・・香川県

生年月日・・・1984年1月30日

学歴・・・高千穂大学中退

遠藤さんの経歴

大学進学をきっかけに上京しましたが、大学2年生の時に中退しました。

大学を辞めた理由は、ホストの仕事を始め、学校に行かなくなったからだそうです。また、大学生活も面白くなかったと語っています。

もともと田舎育ちの為、都会に憧れを持っており、東京に出ていくためのツールとして大学進学という方法をとっただけの様です。

20歳の時に出張ホストを始めます。出張ホストでは、太客が付いていました。お店のナンバーワンになることもあって、高収入を得ていた様です。

その太客から別の店舗に移籍する話を持ちかけられ、店舗を移籍します。しかし、移籍した店舗との相性が悪く、次第に仕事が減少していきました。その後結局出張ホストを辞めることにしました。

その後、ギャル男となります。

当時は、週一で日サロに通っていたそうです。唇が紫色になってしまったのは日焼けが原因とのことです。

カワノ
若い方はびっくりだと思いますが、2000年代初頭にこのスタイルが流行しました。

(引用旧遠藤チャンネル)

写真に写っている隣の女性は遠藤さんの元彼女です。インターネットの掲示板で出会いましたが、遠藤さんが彼女の友達と浮気をしてしまい、それがバレて別れたそうです。

カワノ
バレた時は、携帯電話を真っ二つに折られたそうです。

ギャル男の時代が2005年とのことで、これ以降の詳細な経歴は明らかにされていません。

職業は転々とされてきた様です。なお、現在も未婚の様です。

遠藤チャンネルの沿革

YouTuberになったきっかけは、ヒカルさんとラファエルさんの高級時計開封動画を見たのを見て、YouTuberは儲かると思い活動することを決めた様です。2017年に動画投稿を開始します。

最初の動画は、渋谷のハチ公の様子を撮影した動画でした。(現在は削除済)

初期の頃は、商品紹介をされていた様です。その中でも、SupremeやNIKEの商品紹介の動画が比較的有名です。

逆張り動画の開始

逆張りとは、世間の評判が良いものに対しては批判を行い、世間から叩かれているものに対しては、擁護するスタイルのことです。

例:バカッターは悪くないっすね。 あおり運転は悪くないっすね。

煽りガラケーババアを尊敬してます(遠藤チャンネル 煽り運転 宮崎文夫 喜本奈津子 逮捕 炎上) (引用元アーサーさん)

視聴者の反応は低評価の割合が多かったですが、徐々にチャンネル登録者を伸ばしていきます。 

「高輪ゲートウェイは悪くない!」といった動画から彼はネタで逆張りをしていることが視聴者にバレて一つのエンターテイメントとして知られる様になったことが考えられます。

なお、チャンネル登録者の数は2018年12月時点で約1000人でした。

京アニ事件への逆張り動画炎上

2019年7月19日「京都アニメーションを燃やした男は悪くない!」という動画を公開したところ、大炎上となります。

炎上自体は珍しいものではありませんでしたが、京アニアニメファンにこのネタは一切通用しませんでした。

カワノ
私もこの炎上動画で知りましたが、笑えませんでした。(私も京アニファン)

この炎上は大手ニュースサイトにも取り上げられます。また、この騒動により当動画はBANされYouTubeアカウントが1週間停止となりました。

しかし、これだけでは京アニファンの怒りはおさまらず通報が続けられ、動画の広告が剥がされ、ツイッターアカウントも凍結されました。

遠藤さんは、過激な動画を非公開にしてサブチャンネルで活動を続けます。

サブチャンネルでは収益化を狙う為、無難な投稿ばかりとなります。

しかし、収益化は再開しませんでした。(広告が付きませんでした。)

これを受け、遠藤さんは2019年8月17日に広告が付かなくてもメインチャンネルで動画投稿を再開することを表明します。

メインチャンネルの削除

2019年9月1日メインチャンネルが削除されます。

前日に投稿された「京アニ実名報道で金儲けするメンタリストDaiGoを許せない!」がDaiGo側からの著作権侵害の申し立てを受けてチャンネルがBANされました。

チャンネル自体のBANの原因は、通報の累積と考えられています。当時の登録者は4万人でした。

0からのスタート

2019年9月から新アカウントで活動を再開します。

食レポや日常生活の動画等無難な動画を中心に、時折逆張り動画を混ぜるスタイルでした。

逆張り動画には動画の最後に保険をかける様になり、BAN防止の対策をする様になりました。

例:米津 玄師を批判した後に、「僕は米津 玄師さんを尊敬している」と発言

動画に「キモチェ〜〜〜」や「いただきやーす」等ステハゲ語録をしようし、ステチル(ステハゲファン)から認知されていきます。

チャンネル登録者10万人達成

2020年3月24日にチャンネル登録者が10万人を達成します。

登録者10万人を達成するとGoogleから銀の盾が贈呈されるはずですが、届かないハプニングに見舞われます。

問い合わせた結果、無事に貰えました。

銀の盾届いた! 遠藤チャンネル (引用元アーサーさん)

チャンネル登録者20万人達成

2020年6月13日、チャンネル登録者20万人を達成します。

しかし、同年6月27日にメインチャンネルの広告が全て剥がされる事態に見舞われます。

YouTube側からは詳しい回答はありませんでしたが、不謹慎な逆張り動画に広告を付けていた為と遠藤さんは推察されています。

度重なるチャンネルBAN→現在

その後チャンネルを新しく開設するも度々BANされてしまします。

(おそらくYouTube側に目を付けられたからだと推測されます。)

現在は本名である「遠藤 大平」名義で活動されています。

モーニングルーティン (引用本人のチャンネル)

スポンサーリンク

遠藤チャンネルの評価

逆張りジャンルの確立

その時折の時事やネタに対して徹底的に逆張るスタイルを続けた結果、当ジャンルが確立されました。

遠藤チャンネルの逆張りを模倣するYouTuber達も出現しました。

「沖縄の首里城を燃やしたのは僕です。」や「岡江久美子の息子です。今まで母をありがとう御座いました。」

等の遠藤チャンネルの京アニ事件と同様、不謹慎な動画もあり悪い評価もあります。

ステハゲファンの流入

破天荒なぼっち系大学生YouTuberのステハゲチャンネルが2020年初頭以降活動しなくなりました。理由は、ニコニコ動画配信者、コスプレイヤーの愛沢 みいさんと交際したからです。

行き場を失ったステチル(ステハゲファン)は、遠藤チャンネルの破天荒な魅力やステハゲのオマージュ動画から彼への魅力を見出し、一定の支持を得ました。

動画の長さ

最近のYouTuberは広告を動画内に多く付けたい為、10分ちょっとの動画にすることが一般的です。しかし、遠藤チャンネルの動画は1〜2分の動画が多く、これにより視聴者のストレスを軽減させています。(隙間時間にちょうど良いことや巡覧のしやすさ等)

迷惑系YouTuberへずまりゅうへの対応

以前、へずまりゅうが待ち伏せして遠藤さんに対して一方的に凸してきたことがありました。その際、コラボを快諾したり、通行人に配慮してへずまを誘導したり、大人の対応で接しました。

【へずまりゅう】遠藤チャンネルにコラボお願いしてみた (引用シャドーちゃんねるさん)

おすすめの動画

立花孝志収益化停止ざまぁ 遠藤チャンネル (引用アーサーさん)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう