ピックアップ記事
ニガミ17才
スポンサーリンク

おしゃれ且つ変態な楽曲の表現。というテーマのもと、2016年結成。
岩下優介(Vo)を中心に、小銭喜剛(Dr)、イザキタツル(Ba)、平沢あくび(Syn)の4人で結成されたクリエイティブバンド。全員偶数月生まれ。

公式サイト https://nigami17.com/profile/

初めて聴いた時、「なんだこれは」と意表を突かれました。

癖の強い独特なバンドニガミ17才を今回は紹介したいと思います。

ニガミ17才とは?

岩下 優介・・・ボーカル&ギター バンド「嘘つきバービー」のベース・ボーカルです。楽曲制作も担当しています。

平沢 あくび・・・シンセサイザー 元女優です。もともと「嘘つきバービー」のファンであり、所属していた事務所が厳しく、バンドをとりました。楽器・バンド経験は無く、歌も下手でカラオケが嫌いです。

イザキ タツル・・・ベース 躍動感のあるベースが特徴です。ドラムの小銭さんとセッションして好感がもたれて、加入しました。

小銭 喜剛・・・ドラム バンド「ミドリ」のドラマーです。右肩の「極」のタトゥーがトレードマークです。

バンド名は、「嘘つきバービー」時代の曲「アマミとニガミ」からであり、17才という年齢は青春時代からきていると言われています。

おすすめの曲

おいしい水

サムネのデッカチャンのインパクトの強さ、「曖昧に再現したい」の連呼で異常な中毒性がある曲です。第一印象でサブカル好きな女に流行りそうなバンドだと思いました。

「幽霊であるし」

歌詞が独特で「有明産のノリ」は良いワードです。

化けるレコード

平沢 あくびさんが歌っている擬音の歌詞がいい味出してます。ベースラインのアプローチが終始好きです。

おすすめのCD

私がおすすめするCDはセカンドミニアルバム「ニガミ17才b」です。

まだ、ミニアルバム2枚しかCDを出していないので、正直なところまだYouTubeで聴くだけで、問題ないかと思います。今のうちにCDを確実に確保しておきたい人は買うことをおすすめします。

全体的に好きな曲が多かったので、こちらを選びました。

筆者の感想

このバンドは現状知名度が高くないだけで、将来的に有名バンドの仲間入りする可能性が非常に高いです。競合するアーティストの少なさと完成された世界観が理由です。また、そのポップで明るい曲達は日本で受け入れられやすいと思います。

ライブに行くなら今がチャンスだと思いますので、是非行ってみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事