ピックアップ記事
HIGH and MIGHTY COLOR
スポンサーリンク

2000年代中期の日本では、ミクスチャーと呼ばれる(完全和製英語なので海外ではラップロック、ラップメタルと呼ばれる)バンドスタイルでありながらラップを歌うジャンルが流行りました。 初期は海外色が強い、RIZEやDragon Ash、山嵐、全盛期はポップよりのSHAKALABBITSやORANGE RANGEが代表格と言えます。

そんな中でも、HIGH and MIGHTY COLOR(通称ハイカラ)はかなりおすすめなので紹介します。

カワノ
2000年代を10代付近で過ごした方はこのジャンルを沢山聴いていたのではないかと思います。特に音楽をやっていた人はかなり影響を受けた人が多いと思います。

メンバー紹介&概要

マーキー・・・ボーカル  1987年8月23日生まれ沖縄県浦添市出身です。作詞及び作曲も担当することもありますが、作曲に関しては鼻歌で作っています。もともとは女優を目指しカナダに留学を考えていましたが、同じ事務所のメンバーたちと出会い加入することになりました。音楽活動だけでなく、女優やモデルとしても活動していました。2008年にDREAMS COME TRUE(ドリカム)のベーシスト中村 正人氏と結婚し、同年脱退しました。2009年に子供を出産しています。2013年に「MAAKIII」名義で音楽のソロ活動を開始、2017年にハイカラのベースのmACKAz、ドラムのSASSYと「DracoVirgo」というバンドを結成、活動を開始しました。

ユウスケ・・・ボーカル 1985年1月25日生まれ沖縄県那覇市出身です。マーキーがメインボーカルであるのに対して彼は主にラップやデスボイス、シャウトを担当していました。大半の曲の作詞を担当しています。ハイカラ解散後は「SUN OF A STARVE」や「Vanity Sicks」で活動していました。(現在は両方とも解散している)

MEG・・・ギター 1984年11月15日生まれ、那覇市出身です。高校時代にドラムのSASSYとメタリカのコピーバンドを結成し、ハイカラの前身バンドである「アンチノブナガ」を立ち上げました。名前はアメリカの女優メグ・ライアンから採られたそうです。理由は不明です。ESPやdragonflyの7弦ギターを使用しており、タッピングを多用しています。彼が基本的にリードギターパートを担当することが多いです。現在は沖縄で活動するバンド「2side1BRAIN」で活動しています。

カズト・・・ギター 1984年9月18日生まれ、那覇市出身です。既婚者です。ギター奏法の中でも高度なテクニックである。スィープ奏法を多用しますが、ハイカラではリズムギターパートを担当することが多いです。

mACKAz・・・ベース 1984年7月15日生まれ、沖縄県東風平町出身です。以前は長い髪を三つ編みにしていました。ATELIER ZやWarwick等のハイスペックブランドのベースを使用し、3フィンガー奏法やタッピング奏法もプレイします。LM.Cやdelofamiliaにも参加しています。

SASSY・・・ドラム 1984年8月23日生まれ沖縄県糸満市出身です。バンドのリーダーも務めています。メタラーであり、メタリカのファンです。ハイカラ解散後は、オレンジレンジ、藍井 エイル等のサポートとして多く参加している。趣味はグラビア鑑賞とのことです。

HALCA・・・ボーカル 1988年6月11日生まれ、マーキー脱退後の2代目メインボーカルです。音楽は、ハードロックのジャンルを好み、解散後も音楽活動されています。

2003年にメタリカのコピーバンド「アンチノブナガ」を男性メンバーで結成し、所属事務所でマーキーと出会いハイカラとなりました。2004年にインディーズシングル「OVER」を1,500枚限定生産して、約1ヶ月で完売しました。2005年シングル「PRIDE」でメジャーデビューし、機動戦士ガンダムSEED DESTINYの第2期のオープニングテーマとして起用されました。2006年ファーストアルバム「G∞VER」でアメリカデビューしました。2008年マーキーが脱退して、新ボーカルHALCAが加入しました。2010年「今後のバンドの方向性の違い」により解散しました。

音楽性

楽曲制作にあったて「ヘヴィとメロディアスの調和」を念頭においています。楽器陣のテクニックは非常に高く穴がないです。7弦ギターと5限ベースを使用しているので重厚感あふれるサウンドでありつつも、マーキーの力強くてやさしい声の相性が非常に良くバランスが取れています。

スポンサーリンク

おすすめの曲

「Over」

マーキーとユウスケが一緒に歌っている曲は意外にも少なく、この曲は2人でハモっているパートがあって良いです。ファンの中でも人気の高い曲です。

「DIVE into YOURSELF」

戦国BASARA2のテーマ曲でもあるこの曲は、非常に盛り上がる曲で、ユウスケ氏が普通に歌っている男女のツインボーカルの魅力を発揮している良曲だと思います。

「HOT LIMIT」

T.M.Revolutionのカバー曲であり、「HOT LIMIT」をコピーしたアーティストの中で一番良いカバーだと思います。

おすすめのCD

私がおすすめするのは、ベストアルバム「BEEEEEEST」です。

このアルバムは、ファンのリクエストにより選曲されたベストアルバムなので、間違いありません。

カワノ
自信を持っておすすめします。

筆者の感想

日本のバンドで男女のツインボーカルは数が少なく、またこのジャンルという中ではオンリーワンのポジションにいるバンドだと思います。興味を持った方はぜひ聴いてみて下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう