ピックアップ記事
小畑健展
スポンサーリンク

『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』などの大ヒット作で知られ、その類稀なる「画力」で勝負し続ける漫画家・小畑健。画業30周年を記念した展覧会がこの夏、開幕します。
30年に渡る画業の日々が導いた境地は「NEVER COMPLETE」。全ての絵は決して自身にとっての“完成形”ではない。「目指したい表現はまだまだ描く先にある」――。本展覧会では、1万5千枚を超えるアーカイブの中から厳選した約500枚に及ぶ原画や資料を展示予定。色彩豊かな青春ストーリーからダークで重厚なサスペンスドラマまで、画風を多彩に変えるマンガ作品に加え、技法を凝らした緻密なイラストレーションなど、30年間の活躍をご覧いただきます。
そして会場には「NEVER COMPLETE」から一歩先へと踏み出す新作描きおろしも登場。小畑健の過去、今、そして未来。進化し続ける画力と、それを支える飽くなき探究心を本展覧会で体感ください。


公式ホームページより引用 https://nevercomplete.jp

会場・期間

東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田 3331

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分

JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

2019年7月13日(土)~8月12日(月・祝) 年中無休

料金

一般 1,500円 高校生・中学生 800円 小学生 600円

※未就学児は入場無料

前売り券及び特典付きの入場券の販売は終了しているため明記しません。

みどころ

この展示会は3つのエリアに分けられており、特に「ヒカルの碁」、「デスノート」の原画が展示されているエリアだと思います。

ZONE 1「Manga」では、彼の代表作といえる『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』よりストーリーを象徴する名場面や、作画技術がより際立つシーンの原稿を厳選して展示。また<和>の趣や、死神などの異形の<造形>など、作画の特色である演出・デザイン技術についても、デビュー以来の作品を振り返りながらその魅力を紹介する。

公式ホームページより引用 https://nevercomplete.jp/highlight.html

感想

小畑氏のイラストは、独特な綺麗さがあり色がつけられた展示物は特に魅力的でした。「ヒカルの碁」の初期のイラストは、後期のイラストと比較して、今と違う丸みを帯びた感じで印象に残りました。

9月14日から新潟、その後大阪と巡回して展示される予定です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事