ピックアップ記事
ラブリーサマーちゃん
スポンサーリンク

2016年YouTube巡りをしていたところ私は知りました。

「なぜ、DAOKOが売れたのになぜラブリーサマーちゃんが売れないのか?」

私の疑問がずっとありますので、今回はラブリーサマーちゃんを紹介したいと思います。

ラブリーサマーちゃんとは

シンガーソングライターの今泉愛夏(いまいずみあいか)のソロプロジェクトです。

ラブリーサマーちゃんの由来は、名前の愛夏からとっている。

愛・・・ラブリー 夏・・・サマー

音楽を始めたきっかけは、中学校3年生の時に「老後もできる趣味が欲しいな」と思ったことからだそうです。

顔は公表していません。理由は、「可愛いと思ってもらえるかもしれないから」だそうです。2016年に私は「ラブリーサマーソニック」という彼女のワンマンライブを見に行った時は、顔を出して歌ってました。あくまでも、メディアに対しては非公開にしています。

※ウィキペディアにもページがありますので、リンクを載せておきます。

音楽性

彼女の音楽の第1印象は、全く似た曲がないと思いました。それは、彼女にはしっかりとした自分の好きな音楽、世界観があり、素直に影響を受けているからだと思います。彼女はまだ発展途上のアーティストであり、これから自分だけの音楽を確立していく方だと思いますので、ジャンルはカテゴライズできないです。

例えば、「LOVE♡でしょ?」は相対性理論、「PART-TIME ROBOT」は、the brilliant greenから影響を受けていることが聴けばわかると思います。

声に関しては、ウィスパーボイスの持ち主と言えると思います。DAOKOのシャープさよりかは丸みのある感じがします。どことなく普通の女の子の感じも併せ持っています。

スポンサーリンク

おすすめの曲

煙を上手に表現しているギターサウンドと彼女の声が最高にマッチしており、楽曲と歌声を互いに高めている彼女の中でもクォリティーが高い曲だと思います。PVも非常に秀逸で切ない曲をより引き立てています。

聴いていただくとわかりますがネタ的な曲です。しかし、簡単な歌詞をゆるさにのせて何度もリピートして中毒性が高いです。歌詞で連呼している食べ物は単純に彼女が好きな食べ物らしいです。振り付けがあってライブでも盛り上がる曲です。PVに出ている女の子は、彼女が推してる女の子たちです。chelmicoも出ています。

こちらは、相対性理論(バンド)へのリスペクトとして作られた曲です。サウンドが和風でポップな感じなので春に聴きたくなる曲だと思います。ギターサウンドが特徴的ですが、ライブではDJスタイルで曲が披露されていました。

おすすめのCD

私はオリジナルアルバム「LSC」をおすすめします。

理由は、収録曲が全12曲と多く、ライブで盛り上がる主要曲が多く収録されているからです。収録されていない曲はYouTubeで聴くことでラブリーサマーちゃんの曲を全て把握できたと言えるでしょう。また、このアルバムはSPEEDSTAR RECORDSから出されているので、これまでの自身のレーベルの作品と比較してもクォリティーが高いと言えるでしょう。

まとめ

発展途上のアーティストと言えますが、素質は十分にお持ちだと思います。DAOKOが世間で受け入れられているので、ラブリーサマーちゃんも売れると思っています。

現在大学在学中であり、精力的に活動はされていませんが、ちょこちょことライブ活動はされているので興味を持たれた方は是非行ってみてください。「LSC」とYouTubeの音源で予習すればより、楽しめると思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう